TechAcademy

【副業スキルが身につく】テックアカデミーの『フロントエンドコース』を受講した感想

こんにちは、もっちー(@mochi_bbb2)です。WEBマーケティング会社でエンジニアとして働いています。

 

12月にTechAcademyの「フロントエンドコース」を受講しました。

勇気をだして自己投資をしてみた結果、リモートワークOKな自社開発企業へと転職することができました。

この記事を読んでくれている人には

  • 「フロントエンドコース」を受けると、どのようなスキルが身につくのかな?
  • プログラミングで副業したいけど、「フロントエンドコース」で大丈夫かな?

と考えている人が多いと思います。

この記事を読むことで「フロントエンドコース」の内容が分かります。

そして受講することで、エンジニア転職や副業をするための「第一歩」を踏み出すことができます。

 

この記事では

  • フロントエンドコースにした理由
  • 学んだこと
  • メリット・デメリット

などを書いていきます◎

それでは行きましょー!

https://twitter.com/moch2018/status/1188051611894992896?s=20

『フロントエンドコース』にした理由

当時は、貿易会社のSIerとして働いていました。

仕事ではバックエンドを扱ってるのですが、フロントエンドに関してはあまり知識がありませんでした。

フロントエンドの技術を使ってお金を稼ぐためには、JavaScriptは避けて通れません。

しばらくは需要高めです。

令和時代に求められるプログラミング言語とは?将来性ランキングBEST5

 

「フロントエンドコース」では、JavaScriptに関連深いカリキュラムがあるので、このコースに決めました。

バックエンドで人気のある、

  • PHP / laravel コース
  • webアプリケーションコース

も興味があったのですが、JavaScriptが学べないので、選択肢から外しました。

 

そして1番の理由は、『まとまったお金が入ったから、自己投資するぞ〜〜!』のような理由でスクールに課金しました(笑)

まぁ勢いは大事だなと思いました☺️

悩んでる時間はもったいない!

学んだこと

まずは、環境の準備(ブラウザなど)から始まります。

パソコンあんまり触ったことない……』みたいな人でも、カリキュラム通り進めることで、プログラミングの環境を作ることができます。

ざっくりとカリキュラムをまとめると

  • 環境設定
  • HTML / CSS
  • JavaScript / jQuery
  • bootstrap
  • API
  • firebase
  • Vue.js
  • 【まとめ】オリジナルサイトの作成

になります。

それぞれのカリキュラムについては、別の記事を書こうと思います。備忘録としてアウトプットすることが大切なので◎

web制作に必須なスキルは、bootstrapまでだと思います。

  • API
  • firebase
  • Vue.js

この3つは、わりと難しめです。

とりあえず完璧は目指さず、軽く理解しとけばOKだと思います。

課題が難しめなので、だいぶ苦戦しました…笑)

ただ、とても便利な機能(特にfirebase )なので、知っておいて損はないです。

『フロントエンドコース』の悪いところ

まずは、悪いところから紹介します。

とはいえ、そこまで気にするポイントではないと思います。

  • お金が必要
  • 教室型では無い

お金が必要

コースにもよりますが、15万円くらいかかります。

乃木坂のライブに15回行けますね……!

 

 

たしかにプログラミングスクールの受講料は高いと思います。

ただ、このコースで身につけた知識で「エンジニア転職」に成功すれば、

受講料くらい簡単に取り返せますね。

 

教室型では無い

対面方式が良いという人もいるでしょう。

TechAcademyはオンライン限定なので、講師に直接教えてもらうことができません。

ただ、チャットアプリを使って、すぐサポートしてくれるので、疑問点で詰まってしまう事はないと思います。

サポートの返事が早すぎて驚きます(笑)

『フロントエンドコース』の良いところ

続いて、良いところを紹介します。

  • web制作に必須な知識を学べる
  • 早割でお得に受講できる
  • メンタリングのおかげでモチベが下がらない

web制作に必須な知識を学べる

HTML / CSS / bootstrapなど、ホームページを作る上で必須なことを学べます。

さらにJavaScriptも学べるので、フロントエンドに興味のある人には、最適なコースだと思います。

 

PHPなどのバックエンドを仕事にしている人にもオススメできます。

スキルの掛け合わせがとても重要になってくるので、

フルスタックなエンジニアに近づくことができると思います。

スキルの掛け合わせについては、こちらの記事で詳しく書きました。

エンジニアとしての将来【3つのスキルで100万分の1になれる】

早割でお得に受講できる

 

は『早割』を使うことが出来ます。

早割とは、約1ヶ月前に申し込みをすることで

  • 8%安く受講できる
  • 入金後にカリキュラムを見れる

といった特典を受けられます。

また、入金が終わると、すぐにカリキュラムを見ることができます。

メンターのサポートが始まる前に、ある程度進めておくことで、受講期間をフル活用することができます。

スタートダッシュできますね\(^o^)/

https://twitter.com/moch2018/status/1198189791776391169?s=20

メンタリングのおかげでモチベが下がらない

週2で30分間のメンタリング(ビデオチャットみたいな感じ)があります。

分からない事があれば、実際にコードの書き方を手取り足取り教えてもらうことができます。

これからエンジニアとして働くためにの、心構えなども教えてもらいます。

せっかくのメンタリングの時間を無駄にしたくない!

と思ったので、質問などをしっかり考えてました。

メンタリングがあることで、プログラミング学習の習慣化に繋がった気がします。

こんな人にオススメ!

  • プログラミングで副業をしたい人
  • なかなか独学が進まない人
  • TechAcademy のコース選びで迷ってる人

『プログラミングで副業したい』という人は増えてきていると思います。

でも独学だと、なかなか続かない。モチベーションを保つのも大変。

 

そこでプログラミングスクールが大活躍です。

手取り足取り教えてくれて、質問し放題。しかもお金を払っているんで、サボるわけにはいかない。

良いとこばかりです(・∀・)イイネ!!

 

プログラミングスクール自体はたくさんありますが、自分はTechAcademyの「フロントエンドコース」を推します。

これには理由となるデータがあります。

  • オンラインでのプログラミングスクールのうち、メインで利用しているスクールとしてTechAcademyが1位を獲得。
  • オンラインのプログラミングスクールのうちTechAcademyの受講者が最多。

(valuepress 調べ)

多くの人に選ばれているわけですね。

とりあえずテックアカデミーを選べば、失敗することはないはずです!

「フロントエンドコース」はこちら

 

最後に

エンジニアとして就職できれば、通勤などに悩まされず仕事をすることが出来ます。

もちろん副業するためのスキルも身につきますね!

自分もエンジニアとして働いていますが、週1でオフィスに行って、残りは在宅勤務をしています。

↑ プログラミングのスキルが上がると、このような生活を送れます。

10万円も給付されたこと、自分への投資だと思ってプログラミングを始めましょう。

ゆるく楽しい人生に繋がりますよ😊


「フロントエンドコース」はこちら